Loading...

PAGE TOP

「食べないと治るものも治らないよ」「たくさん食べて早く良くなろうね」。そんな言葉、皆さんも言われた経験ありますよね?よくわかる、自分もそうしたいと思っているのだけれど、ただでさえ病気で食欲がないのに、プラスチックのお皿に彩りも何も関係なく無造作に盛られた食事が出てきたら、喉元がぐっと詰まっちゃう。そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか?

石橋内科では、食事をされる患者様が自分から「食べたい」と思ってくださるよう、管理栄養士や調理師はもちろん、病棟のドクター、看護士、セラピスト、介護士たちが一丸となって、患者様の状態に合わせたおいしい料理を工夫し、ご提供しています。「病院でこんなすごいごはんが出るんや!」って皆さんに驚いてもらうことが私の目標。その目標に向かって調理師さんと一緒に、こうした方がもっとおいしくなるんじゃないかということを試したり、新メニューの試作品を作ったりして、少しずつでも向上していけるよう毎日取り組んでいます。


管理栄養士は「食べる」という、人間にとってもっとも基本的な要素に関わる仕事。だからこそ、病院の中でも一番よく患者様のことを知っていたいし、身近な存在でありたいという思いが私の中にはあります。石橋内科ではお食事タイムには管理栄養士も調理師も病棟へ行って、食事をされる様子を見守ることになっており、その時はチャンスとばかり、感想をお聞きしたり、残されている物に対して理由をお尋ねしたりして、問題点はすぐにスタッフ間で話し合い、改善するようにしています。

患者様だけではなく、看護士さん、介護士さん、STさんとも情報交換します。私たちは患者様のことを教えてもらい、こちらからは「この患者様は、姿勢が悪いから食事がとりにくいんじゃないかな?」といったアドバイスを行います。姿勢って、おいしくいただくためにとても重要なんです。


食事というのは、その方のペースで楽しんでいただくことが一番。そのためには、常に家族のような気持ちで患者様に寄り添うことが重要だと思います。私たちは栄養管理を適切に行うことが仕事ですが、その根底に料理への愛、それを食べてくれる人への感謝がないと、本当の意味での滋味滋養にはならないような気がします。ありがとうの気持ちを持った方に、ぜひ私たちの仲間に加わっていただけたらと思います。