Loading...

PAGE TOP

姫路市 病院 石橋内科 広畑センチュリー病院 杏の里 介護施設

電話番号

専門外来

もの忘れ外来(MCI)・生活習慣病外来・
禁煙外来・睡眠時無呼吸外来・
糖尿病外来・AGA(脱毛)

石橋内科

  • もの忘れ外来(MCI)
  • 生活習慣病外来
  • 禁煙外来
  • AGA(脱毛)

広畑センチュリー病院

  • もの忘れ外来(MCI)
  • 生活習慣病外来
  • 禁煙外来
  • AGA(脱毛)
  • 睡眠時無呼吸外来
  • 糖尿病外来

もの忘れ外来(MCI)について

誰でも年を重ねれば相応のもの忘れをするようになるものです。
会話の途中で人や物の名前が出てこなかったり、今やろうとしていたことをど忘れしてしまったり、というこうは日常経験されるでしょう。
この「年相応のもの忘れ」は自然な老化現象であり心配することはありません。
大変なのは「病的なもの忘れ」すなわち認知症です。

そこで最近、軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Important)という「認知症ではないが予備軍である」という状態が注目されるようになりました。
軽度認知障害は「軽度の認知症」ではありません。
「発症はしていないが、このまま放置すると認知症になる可能性が高い状態」です。
治療を早期に始める事が大切です。お気軽にご相談下さい。


生活習慣病外来について

食べすぎや運動不足で肥満になると、血管壁や内臓にコレステロール等の脂肪がたまり、血管の動脈硬化が進んで、高血圧や糖尿病といった生活習慣病になりやすくなります。

これらの病気は初めのうちは特に自覚症状が乏しく、気がついたときには目や腎臓の病気等合併症をひき起こしたり、さらにはコレステロール等の血の塊(血栓)で血管が詰まって脳梗塞や心筋梗塞を起こし、寝たきり状態になることもあります。
このような病気にならずに健康で元気に過ごすには、肥満にならないよう食べ過ぎずに、適度な運動をする必要があります。
生活習慣病外来では、身長・体重を測定し、BMI=体重÷(身長)2を計算します。BMI25以上で肥満です。(自費ですが)内臓脂肪CTで、内臓脂肪を測定することもできます。

食事・運動療法が基準ですが、血圧測定や採血にて高血圧、高脂血症、糖尿病等の病気があれば、その治療もします。
食事・運動療法を補うために、漢方を処方することもあります。
また、個別のプログラムを作成し、最も効果的な食事療法、運動療法をして頂けるよう、メディカルフィットネスへの紹介も行っています。

禁煙外来について

タバコには有害物質が200種類以上も含まれています。中にはガン性物質も含まれています。
喫煙者の方はもちろん、周りの人達にも影響を及ぼしております。
自分の健康のため、家族の健康のために禁煙してみませんか?
禁煙外来は保険が適用します(場合によっては適用されない事もございます)費用は一回につき、三割負担の方で4,000円程度。
全5回のコースを受けて頂くこととなります。スタッフが禁煙の支援を致します。一緒に頑張りましょう!!

完全予約制です。
何よりも大切なのは決意です。是非禁煙に挑戦してみて下さい。

睡眠時無呼吸外来について(広畑センチュリー病院)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、10秒以上の呼吸停止を無呼吸とし、1時間に5回以上、もしくは1晩7時間の睡眠に30回以上無呼吸が生じる場合は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と診断されます。

こんな症状ありませんか?
SASの危険性

近年、SASが関連する交通事故や居眠り運転が原因の交通事故がマスコミ等でも多く取り上げられています。中等度以上のSAS患者さんの場合、交通事故を起こす頻度はSASでない人に比べて7倍も高くなるとの報告があり、とくに重度SAS患者で有意に事故率が高いことが報告されています。

また、様々な研究報告によりSASと高血圧、心疾患、糖尿病などの生活習慣病との因果関係が明らかになってきました。
アメリカでの研究では、正常な方とSAS患者さんを比較した場合、高血圧は2倍、心疾患は3倍、脳卒中は4倍、糖尿病は1.5倍と、高リスクになることが報告されています。


広畑センチュリー病院では、睡眠時無呼吸外来を開設しております。
上記のような症状のある方は、受付までお問い合わせください。

病院 広畑センチュリー病院
診療日時 第3土曜日:9:00~15:00
TEL 079-230-0800

糖尿病外来について(広畑センチュリー病院)

ライフスタイルの欧米化によって生活習慣病が増え、なかでも糖尿病患者さんは年々急増しています。
糖尿病を放っておくと、失明・腎不全・動脈硬化による脳卒中・心筋梗塞・神経障害などの合併症の可能性が高くなります。
広畑センチュリー病院では、合併症の発症を予防するために、食事療法・運動療法・薬物療法を組み合わせ、血糖・血圧・血清脂質・体重などのコントロールをサポートします。
当院の患者会(しらさぎ会)やメディカルフィットネスへもご活用いただいています。


AGA(脱毛)について

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
主に成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。
何もせずに放っておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。AGA(エージーエー)は、早めのケアが大切となってきますので、お気軽にご相談くださいませ。
当院では治療薬として、ザガーロまたはプロペシアを処方しています(自費)。
服用された方の98%で進行を抑制されている臨床試験データが出ております。
治療には、効果がはっきり確認できるまでに時間がかかることがあるため、6ヵ月程度の継続的な治療が推奨されています。